たくさんのものに触れさせる

>

本に触れることも大切

本を読んで感動しよう

読書をして、感動することがあると思います。
それはとても良いことなので、妊娠している時も続けてください。
胎児にも母体の感情が伝わるので、感情表現がうまくなります。
また、想像力を育てることに繋がります。
想像力は、相手の気持ちを考える時に欠かせない能力です。
つまり人間がコミュニケーションを取る時に絶対必要な能力なので、胎児のうちに養っておきましょう。

好きな本を読んで構いませんが、ハラハラするのはあまり良くないと言われています。
最近は妊婦におすすめの本も紹介されているので、その中で気に入ったものを読むと良いでしょう。
また、無理に読もうとしないでください。
その考えがストレスになるので、時間が空いた時に読みましょう。

絵本を読み聞かせよう

胎児に向かって、本を読み聞かせるのが良い方法です。
きちんと聞いているので、どんどん読んであげてください。
大人が読む本は難しいので、子供向けの絵本が良いですね。
言葉を覚えたり、表現力や想像力を養うことに繋がります。
人がコミュニケーションを取る時は、表現力も大事です。
自分のことを伝えないと、相手とうまく関われません。

積極的に自分を表現できる人間になれば、誰とでも仲良くなれるでしょう。
人見知りをしない子供にも成長します。
絵本を読み聞かせて、様々な能力を伸ばしてください。
胎児のうちは、何もできないと勝手に判断してはいけません。
胎児も周囲の音に敏感なので、できる教育がたくさんあります。
妊娠期間中に、実践しましょう。


Share